作家紹介

かんざわとしこKanzawa Toshiko

1924年福岡県生まれ。文化学院文学部卒業。詩人・児童文学者。北海道・樺太(サハリン)で幼少期をすごす。代表作に『ちびっこカムのぼうけん』(理論社)『くまの子ウーフ』(ポプラ社)『はけたよはけたよ』(偕成社)『ふらいぱんじいさん』(あかね書房)など、世代をこえて読み継がれている作品多数。幼い子どものための絵本に『たまごのあかちゃん』『ねてるのだあれ』(共に福音館書店)などがある。 日本児童文学者協会賞、産経児童出版文化賞、日本童謡賞、路傍の石文学賞、モービル児童文化大賞など受賞。

PAGE TOP