作家紹介

さのようこSano Youko

1938年、北京に生まれる。武蔵野美術大学デザイン科卒業。1967年から1968年にかけて、ベルリン造形大学において、リトグラフを学ぶ。 1975年に『おじさんのかさ』(講談社)で産経児童出版文化賞推薦賞、1978年に『わたしのぼうし』(ポプラ社)で講談社出版文化賞、1983年に『わたしが妹だったとき』で新美南吉児童文学賞を受賞。『100万回生きたねこ』(講談社)、『だってだってのおばあさん』(フレーベル館)などの自作の絵本の他、挿絵や絵本の翻訳の仕事も手がけている。また、『ふつうがえらい』(マガジンハウス)などのエッセイも多数出版している。

PAGE TOP