作家紹介

つかさおさむTsukasa Osamu

1936年、群馬県前橋市に生まれる。1964年、主体美術協会の創立に参加。以後、絵画・版画・装丁・創作絵本、本のさし絵など、多彩な分野で活躍している。絵本『まちんと』(松谷みよ子作/偕成社)で、ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞推奨。ライプチヒ国際図書デザイン展・美しい子どもの本展金賞、講談社出版文化賞ブックデザイン部門、小学館絵画賞などを受賞。 絵本作品は他に、『おとうさんだいすき』(文研出版)、『リンゴ ーわらべうたによるー』(ほるぷ出版)など。小説も執筆していて、『影について』で川端康成文学賞を受賞している。

PAGE TOP