作家紹介

原みち子Hara Michiko

1941年生まれ。東京大学教養学部教養学科フランス科卒業。ブラジル、メキシコ、オーストラリアに在住の経験をもつ。児童文学書、キリスト教関係書を中心に翻訳に従事。主な翻訳に、『ビビ・ククのゆかいな旅』(メイ・ダランソン著/偕成社)、『助産婦は神を畏れたので』(小山晃佑著/同信社)、『おしゃべりのできる小イヌ』(ベティ・ブロック著/学習研究社)など。

PAGE TOP