作家紹介

ベンジャミン・エルキンBenjamin Elkin

1911年、アメリカ合衆国のボルチモアに生まれる。高校の教師などを経て、執筆活動に入る。子どもの頃からお話を語ることが好きで、教師をしていたときも生徒にお話を語っていた。第二次世界大戦時、周囲に語るべき子どもがいなくなったとき、語る代わりに物語を書き始めた。『世界でいちばんやかましい音』(原題:The Loudest Noise in the World, 1954, The Viking Press)は最初の作品で、作者のもっとも気に入っていた作品のひとつ。

PAGE TOP