作家紹介

三浦佑之Miura Yusuke

1946年三重県生まれ。立正大学文学部教授、千葉大学名誉教授。古代文学・伝承文学専攻。2002年に出版された『口語訳古事記』(第1回角川財団学芸賞受賞・文藝春秋)は、物語としての古事記の魅力に気づかせてくれる好著として、多くの人に親しまれている。他に、『村落伝承論』(第5回上代文学会賞受賞)『浦島太郎の文学史』(以上、五柳書院)、『古事記講義』『古事記を旅する』『あらすじで読み解く古事記神話』(以上、文藝春秋)、『日本霊異記の世界』(角川学芸出版)、『古事記を読みなおす』(第1回古代歴史文化みやざき賞受賞・ちくま新書)、『古代研究 列島の神話・文化・言語』(青土社)等、著書多数。

PAGE TOP