かおかお どんなかお

かおかお どんなかお

試し読みする

商品番号 1320
作家 柳原良平 作
年齢の目安 0歳から4歳ごろまで
ページ数 20ページ
サイズ 20×21cm
価格 定価 864円(本体 800円)
ISBN 978-4-7721-0090-8
発行年 1988年発行
  全国学校図書館協議会選定
厚生省中央児童福祉審議会推薦文化財

関連カテゴリ

楽しい顔、悲しい顔、笑った顔、泣いた顔、いたずらな顔…。さまざまな顔の表情を大胆にデフォルメして切り絵で表現した“表情の絵本”。赤ちゃんはもちろん、幼児も絵本を見ながら百面相をして楽しんでいます。

愛読者カードより

    • 『かおかおどんなかお』の表紙を見たとたん、まあるいお顔に顔を近づけてチュ!ページをめくると、まあるいお顔や明るいお顔にはチュ!怖い顔には近づきません。子どもにも表情はわかるんですね。私も笑顔でいようと思いました。(千葉県 Y・Kさん)
    • 前から好きだったこの本を、2歳になった息子に買いました。最近言葉が出るようになった息子は、私の顔を触って“ほっぺ”“あご”“はな”…と言うのが大好きで、泣いた顔の絵を見ると、一緒に泣き真似をしているので、きっと今がいいタイミングだと思い読んでみました。すると、本棚に片付けると怒るほど気に入って、ひとりでも何度もながめています。笑って「あま~い」と言いながら“あまい顔”のところを見ているので、字はわからなくても絵で伝わるのだなと、我が子の様子を見て親も楽しくなります。(兵庫県 T・Yさん)
    • 3歳の娘がこの本をとても気に入っており、保育園からよく借りてきますので購入しました。いろんな顔がとてもおもしろいようで、一度読んでやると、次は自分で読むと言います。私が聞き役になりました。何度も読むと、次はスケッチブックを持ってきて、いろんな顔を描いてと言います。寝る前の読み聞かせを欠かせない我が家ですが、毎晩これを持ってきます。親も大好きな1冊です。(岡山県 A・Wさん)
    • 3ヵ月半頃に『かおかお どんなかお』を読み聞かせました。今まで見た絵本の中でいちばん気に入った様子で、目を丸くして、口をとがらせ、手足をバタつかせて大喜びでした。何度も読み聞かせをしていると、表紙を目の前に出しただけで、「うー」と笑顔で話しかけるようになりました。最近では、「かおかおどんなかお~」と声をかけると、手足をバタバタさせて、ワクワクしている表情をします。私も、今まで以上に、絵本が好きになりました。(熊本県 K・Nさん)
PAGE TOP