こぐまちゃん おはよう

こぐまちゃん おはよう

試し読みする

商品番号 1911
作家 わかやまけん 作 , もりひさし 作 , わだよしおみ 作
年齢の目安 0歳から3歳ごろまで
ページ数 22ページ
サイズ 20×21cm
価格 定価 864円(本体 800円)
ISBN 978-4-7721-0020-5
発行年 1970年発行

関連カテゴリ

こぐまちゃんは朝起きると自分で顔を洗います。それから、ご飯を食べ、たっぷり遊んで、トイレにお風呂。最後は遊んだぬいぐるみたちと一緒におやすみなさい。幼児の一日の生活を楽しくユーモラスに描きます。

愛読者カードより

    • 『こぐまちゃん おはよう』は、一日の生活の流れが描かれていて、2歳の息子にぴったりです。「おはよう」を言う時も、食事、お風呂、うんち等、何をするにも「こぐまちゃんと同じだね」と言いながらしています。お風呂では、絵本と同じように「ぴちゃ ぴちゃ ぴゅっ ぴゅっ」とこれまでに使ったことのない言葉で遊び始めてびっくりしました。 (山口県 T・Kさん)
    • 鮮やかなオレンジ色の表紙の『こぐまちゃん おはよう』をうれしそうにかかえてきました。本を開いて、こぐまちゃんが自分で顔を洗ったり、歯をみがくなどの様子を読んで聞かせると、自分もこぐまちゃんと同じようにぷるぷると顔を洗うしぐさをしていました。またお風呂では、こぐまちゃんのまねをして、風呂桶でお湯をジャージャー、お顔をプルプルと楽しく過ごせるようになりました。生活に密着している内容で、すぐに子どもの反応が見られるので、親も楽しい絵本です! (神奈川県 K・Mさん)
    • もうすぐ2歳になる娘ですが、最近はいろいろな事を自分でしたがるようになったので、こぐまちゃんの行動に興味津々です。『こぐまちゃん おはよう』では、朝ごはんが、いつも自分が食べているメニューと似ていたりしてとてもうれしそうです。トイレトレーニングを始めようと思っているのですが、うんちのページにも、とても反応してくれてトイレにすわるようになりました。本のすみずみまで、たくさんの話題があふれているこの絵本は、とても気に入っています。もちろん色づかいもキャラクターデザインも大好きです。 (京都府 M・Yさん)
PAGE TOP