子どもに語る アンデルセンのお話2

子どもに語る アンデルセンのお話2
商品番号 1838
作家 松岡享子 編 , 大社玲子 扉絵
年齢の目安 小学校中学年から(読んであげるなら 4歳から)
ページ数 224ページ
サイズ 18×14cm
価格 定価 1,728円(本体 1,600円)
ISBN 978-4-7721-9046-6
発行年 2007年発行
  全国学校図書館協議会選定
日本図書館協会選定

関連カテゴリ

好評の1巻目に続き、「みにくいアヒルの子」「しっかり者のスズの兵隊」「マッチ売りの少女」「人魚姫」など、アンデルセンの珠玉の名作の数々を収録。ベテランの語り手8人が担当した語ることを意識した訳文です。ダイジェスト版では決して味わえない、アンデルセンの物語の本当の魅力に出会えます。 

愛読者カードより

    • 1話1話のお話にしっかりとした世界があり、アンデルセンのお話の奥深さに触れることができました。語り手の皆さんの力の入れ方もひしひしと感じました。中でも「人魚姫」は、こういうお話だったのかと目を開かれる思いでした。大切な一冊となりました。(愛知県 A・Kさん)
    • 以前から「マッチ売りの少女」を語りたいと思っていました。今回、巻末の「語る人のために」の荒井さんの看護学生に語った様子などを読み、私もと思いました。いつも楽しいお話のシリーズを出版していただきまして、ありがとうございます。(北海道 T・Oさん)

収録話

火打箱
おとっつぁんのすることは、いつもいい
コウノトリ
みにくいアヒルの子
まぬけのハンス
マッチ売りの少女
しっかり者のスズの兵隊
人魚姫
全8話収録

PAGE TOP