世界でいちばんやかましい音

世界でいちばんやかましい音

試し読みする

商品番号 1352
作家 ベンジャミン・エルキン 作 , 太田大八 絵 , 松岡享子 訳
年齢の目安 小学校低学年から
ページ数 36ページ
サイズ 18×18cm
価格 定価 1,188円(本体 1,100円)
ISBN 978-4-7721-0150-9
発行年 1999年発行
  全国学校図書館協議会選定
日本図書館協会選定
厚生省中央児童福祉審議会推薦文化財

関連カテゴリ

やかまし好きの王子が、誕生日に世界でいちばんやかましい音が聞きたいと言います。そこで、世界中に伝令が飛ばされ、その日その時刻に、皆が一斉に叫ぶことになりましたが…。

愛読者カードより

    • とても興味深く読みました。こういう絵本が増えてほしいです。ちょっと心に残って、何かの時にふっとよみがえってくるような本だと思います。(福岡県 Y・Mさん)
    • 30年以上も昔のお話だなんて驚きです。携帯電話、車、テレビなど…、現在私たちの生活は本当に音(しかも人工的な音)ばかりですね。「世界でいちばんやかましい音ってどんな感じだろう…?」とドキドキしながら聞いていた子どもたちは、意外な結末にビックリしていました。もうすぐ6歳になる長男は、主人公の王子様になったつもりで、何度も読んでいます。(静岡県 H・Sさん)
    • 松岡先生の訳したお話ということで、新聞の新刊紹介を読んですぐに購入しました。それからどうなるのだろうとドキドキワクワクする楽しさに、子どもたちも「おもしろい!!」と絶賛しています。いろいろなことがある昨今、絵本は、子どもたちにとって、そして大人にとっても、夢のあるすばらしいもの、心の糧となるものです。これからも、良質の本をもっともっと出していってほしいと思います。(栃木県 M・Hさん)
PAGE TOP