品切 ワンダ・ガアグ 若き日の痛みと輝き 「100まんびきのねこ」の作者が残した日記

ワンダ・ガアグ 若き日の痛みと輝き 「100まんびきのねこ」の作者が残した日記
商品番号 1823
作家 ワンダ・ガアグ 著 , 阿部公子 訳
年齢の目安 大人から
ページ数 536ページ
サイズ 菊判
価格 定価 5,400円(本体 5,000円)
ISBN 978-4-7721-9029-9
発行年 1997年発行
  日本図書館協会選定

関連カテゴリ

絵本『100まんびきのねこ』の作者として知られるガアグの15歳から24歳までの日記。貧困の中で画家を志し、描くことへの情熱を抱えて生きた青春の日々を語ります。口絵に写真やスケッチを収録。

愛読者カードより

    • 『100まんびきのねこ』『すんだことは すんだこと』などの絵本を読んで、作者はどんな人なのだろう?と長い間求めていたことでした。訳者の阿部さんと貴社に、この本を刊行された見識に敬意を表します。ありがとうございました。 (東京都  M・Yさん)
    • 読み始めると、ぐいぐい引き込まれていきました。「自らをありのままに受け入れ、最大限生かしていくのが一番」と書いている作者は、強いと思います。短いと言えば短いですが、53歳の生涯を生き抜いた人生だったと感じました。 (新潟県 K・Kさん)

目次

まえがき
第一部 ミネソタ州ニューアルム 
     1908年~1910年
第二部 男友達、女友達
     1910年~1913年
第三部 美術学校 -セント・ポール
     1913年~1914年
第四部 「私自身」とたくさんの「私」
     1914年
第五部 美術学校 -ミネアポリス
     1914年~1915年
第六部 光と影
     1916年~1917年
再版によせて  カレン・ネルソン・ホイル
ワンダ・ガアグ  略年譜
訳者あとがき

PAGE TOP