作家紹介

イェルク・ツィンクJörg Zink

(1922-2016年)ドイツの神学者。第二次世界大戦の危機の中を生き延びた一人として、世界の人々との共存と平和を唱えつづけた。わかりやすい言葉で、私たちが、いまあるいのちをどんなによろこび感謝しなければならないかを、生涯にわたって説きつづけ、多くの人に共感と感動を与えた。著書に『幼児の心との対話』(妻との共著、内藤道雄訳)、『美しい大地 破壊される自然と創造の秩序』(宍戸達訳、共に新教出版社)他多数。

PAGE TOP